アグリロゴマーク

シャトー・デュドン

オーガニックの貴腐ブドウから造られる高貴なワイン、ソーテルヌ。1868年から、ブドウ畑は今日まで一度たりとも除草剤が撒かれたことはない。日本初上陸シャトー! 極上の甘口デザートワイン

1655年から続くデュドン家、フランス革命の動乱の時代を経て、ソーテルヌの“シャトー・ラフォリ・ペラゲ”(第一級格付け)のオーナー、ピシャール家の所有となります。 1868年、現オーナーのエヴリーヌ・アリアンの高祖父ベルナール・ゴッセムがシャトーを購入。現在のシャトーの姿がほぼ完成します。ゴッセム家は女系で、5名の女当主が代々シャトーを受け継ぐことになります。その5代目が1988年よりシャトーの女主人となったエヴリーヌです。エヴリーヌ&ミッシェル・アリアン夫妻はシャトーの建物やブドウ畑を甦らせることに力を注ぎました。アリアン家の跡継ぎは、クリストフ、フィリップ、ギョームの三兄弟が次代のシャトーの担い手です。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

シャトー・デュドンの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はシャトー・デュドンに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ