アグリロゴマーク

シャンパーニュ ビュルロ・ナエ

100%Grand Cru(グランクリュ)畑の家族経営の小さなメーカー
規模が小さいので輸出を考えたことのなく、日本(アグリ)が初めての輸出です。
5haの畑で4haは大手メゾン(ヴーヴ・クリコ)に供給し、1haの選び抜いたブドウのみ醸造しています。

【現当主で5世代目となる ビュルロ・ナエ家】
家族経営の小さな蔵元。現当主「シィルヴァン」、奥様の「ジャニンヌ」、そして一人息子の「マクサンス」の3人家族です。6代目「マクサンス」はフランス唯一のフランス産コルクメーカーOLLER社に勤務し、家業を手伝っている。

【Grand Cru VERZY ヴェルジィ村のグランクリュ畑】
ブドウ畑はモンターニュ・ド・ランスのヴェルジィ村にあり、100%グラン・クリュ畑です。所有畑面積5ha(平均樹齢35年)畑は、表土が15センチほどその下は分厚いチョーク質土壌。ブドウ栽培においては、減農薬栽培法を取り入れています。毎年収穫後、1ha分(20%分)の選び抜いた最良のぶどうを元詰め用分として醸造しています。残りは、長年取引のあるヴーヴクリコへ譲っています。

【すべて手作業の古典的な醸造】
ぶどうを収穫したら、外側が鉄、内側は鋳物ホーローのタンクにて、ベースとなるワイン造りをおこないます。 昔から使っているものなので、最新技術の装置(たとえば温度調整機)などの設備なく、自然の温度で、醸造しています。※温度は、おおよそ13度くらいに保たれます。 あとは、ぶどうの自然な流れに任せています。 第二次発酵に備えての瓶詰めは4月に行います。 第二次発酵に備えた瓶詰め後、ボトルは、ヴェルジィ村のチョーク質土壌の壁を切り崩し堀上げた天然セラーに運ばれ、デゴルジュマン前まで熟成させます。そして糖分添加(ドザ―ジュ)を行いすべて手作業です。コルクはもちろん、息子のマクサンスのOLLER社です。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

シャンパーニュ ビュルロ・ナエの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はシャンパーニュ ビュルロ・ナエに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ