アグリロゴマーク

ヴィラ・ヤンボル

紀元前3000年から受継がれたワインの地トラキア地方(ブルガリア南部)で最も古い歴史を持つ生産者

ヴィラ・ヤンボルは1924年に設立された、南ブルガリア有数の老舗ワイナリー。
陽光に恵まれたトラキア・ヴァレーの恵みを伝統的製法で優れたワインに仕上げている。
注意深く選別、栽培されたバラエティ豊かなブドウは、ワイナリー所有のセラーで、じっくりと熟成される。
ブドウの総処理能力は1,600万kgであり、貯蔵能力は1,800万リットルです。

親会社はVPブランズ・インターナショナル。5大陸83の市場でスピリッツやワインの販売を展開している。

ヤンボル州はブルガリア南東部、トルコ国境に位置する州。紀元前6000年頃の遺跡を始め、ローマ帝国時代の古城やアラブのモスクなど多彩な文化遺跡がある。州内を縦断しトルコへ流れるトゥンジャ川、その谷間(ヴァレー)が南北を貫き、周辺は標高100~150mの丘陵地となっている。州北部のトゥンジャ渓谷は内陸性気候、南部は典型的な地中海性気候である。

【トラキアとは?】
ブルガリア有史以前にブルガリア、ギリシャ、トルコにまたがるエリアの呼び名。 古代ギリシャ時代紀元前3000年以上前に同地域で固有の言語を話す人をトラキア人と呼び、近年遺跡発掘が進んでいる。 ブルガリアでワイン歴史という場合このトラキア文化のワインの歴史を言う場合が多い。

トラキアン・ヴァレー(南部エリア)
気候は湿潤亜熱帯気候。 長い乾期、日照、102日以上の快晴日とその後の穏やかな秋の気候はブドウに素晴らしい糖と酸を熟成させます。 年間平均気温は12℃/平均年間降水量は539mm

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ヴィラ・ヤンボルの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はヴィラ・ヤンボルに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ