アグリロゴマーク

ケネフィック・ランチ

ナパ有数の素晴らしいテロワールに恵まれたカリストガに、50haの自社畑を所有
トップクラス評価の畑は、アイズリー・ヴィンヤード(旧アローホ)に隣接

異色の経歴、精神科医だったオーナーが1978年に創業したブドウ園。
1970年、創業者トム・ケネフィック博士が初めてナパ・ヴァレーを訪れこの地に一目ぼれした時、彼はサンフランシスコの神経外科医でした。1978年、トムはいまだ馬に引かせた鋤で畑を耕していた人物からこの土地を購入しました。地所の半分には1800年代からマイナーなイタリア系のブドウが植えられていました。

トムは20年の歳月をかけて畑を改良し、50ha強の畑にボルドー系品種のカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、プティ・ヴェルド、マルベック、ソーヴィニヨン・ブラン、ローヌ系品種、ヴィオニエ、マルサンヌ、グルナッシュ・ブラン、プティ・シラーを植え付けました。

収穫ブドウの8%で3450ケースの自社ワインを造る。
2002年より自社ブランド・ワインをリリース。高アルコールで濃厚な果実味を前面に出した直ぐに飲めるワインと、収穫時、やや控えめな糖度のブドウを収穫しアルコール低めで程よい酸味を持つワインとをバランス良く持っています。野菜やペッパーの香り漂う複雑な味わいのカベルネ・フランはナパでもトップクラス。一方、フレンチオークの新樽で熟成、チョコレートやバニラの風味漂うカベルネ・ソーヴィニヨンは、タンニンがマイルドで果実味たっぷり。どちらも個性的でリーズナブル、高評価です。

15州のワインショップやステーキハウス、レストランが主な顧客。中には全米一予約の取れない3星レストランとして有名な、ナパのフレンチ・ランドリーがケネフィック・ランチ・メルローをオンリストしています。

収穫ブドウの92%はナパ有数の提携トップワイナリーへ販売。
ケネフィックの凄さが一目瞭然!!
Arietta、Araujo、Caymus、Dancing Hares、Davis Family Estates、Duckhorn、Elizabeth Spencer、Etude、Frias、Gamble、Heidi Barrett、Honeycutt、Jacqueline、Jericho Canyon、Kind
L’Angevina、La Sirena、Lewis、Merryvale、Nickel & Nickel、Paloma、Phelps、Plumpjack/Cade/Odette、Pride、Pruett、Realm、Relic、Shafer、Somerston
最も大きな契約販売先はCaymus(ジョー・ワクナー・ファミリー)で生産量の25%を販売しています。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

ケネフィック・ランチの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はケネフィック・ランチに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ