アグリロゴマーク

パイティン

19世紀末バルバレスコ黎明期に誕生した歴史的ワイナリー

パイティンの歴史は、1796年にベネデット・エリアが、ブドウ畑とカンティーナを持つワイナリーをルイジ・ペッリッセーロから購入した時から始まりました。
その後息子のジュゼッペが畑を広げ、15世紀から続く地下のカンティーナを購入、1893年にソリ・パイティンのバルバレスコの瓶詰めを始めました。そして1898年にワインの輸出を開始しました。

ワイナリーはセコンド・パスクエロ-エリアが1965年にシステムを刷新し、新しいカンティーナを設立、新しい畑に植樹を始めました。今日のワイナリーは、セコンド・パスクエロ-と2人の息子ジョヴァンニとシルヴァーノにより運営されています。
1997年に農場経営を始め、現在は17haの畑でBarbaresco, Nebbiolo, Arneis, Barbera, Dolcettoを生産しています。
パイティンのワインは、しなやかで緻密なボディに隠された、立体感のある凛々しいタンニンです。
バルバレスコの歴史に深く寄与したパイティンは、現在も進化し続けています。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

パイティンの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はパイティンに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ