アグリロゴマーク

シャトー・ダルサック

900年以上もの歴史を持つシャトー。一時期、フィロキセラで畑が壊滅、経営もどん底に・・・・1986年よりフィリップ・ラウー氏が荒廃していた畑の復活と品質向上、シャトー再建に着手。1995年ACマルゴーの再認定を見事に勝ち取り、かつての栄光を取り戻した奇跡のシャトーです。

【900年の歴史】 始まりは12世紀、所有者は貴族のシル家。16世紀に有名な哲学者を輩出したモンテーニュ家、19世紀にセギュール伯爵家、そののちアルサック男爵家の手に渡りました。19世紀末にはメドック最大級のブドウ園に成長。しかし20世紀に入りフィロキセラ禍に見舞われ、ワインの売上は激減。1954年にマルゴー村のアぺラシオンが制定された際も認定外となってしまったのです。 しかし1986年にシャトーは不死鳥のような復活を遂げます。ダルサックを購入したフィリップ・ラウー氏は、直ちにシャトーの再建に乗り出しました。まずは広さ112haのブドウ畑の復活と品質向上が最優先で、ラウー氏はマルゴー村ACの再認定を受けるため、INAO(フランス国立原産地名称研究所)と粘り強い交渉の末、異例の措置を勝ち取ります。ブドウ園のうち54haはACマルゴー、残りはACオー・メドックの格付けを名乗れるようになりました。 その後、ラウー氏はワイナリー外観を鮮やかなエレクトリック・ブルーにペイントし、庭園にはモダンアートの彫刻を多数、配置。斬新な発想を採り入れた改修のお蔭で、シャトー・ダルサックは人目を惹きつける、メドックで最も独創的なシャトーの一つとなったのです。

Line Up / 商品一覧

Images / 画像素材

シャトー・ダルサックの画像素材です。貴社の販促活動にご利用ください。尚、各素材の著作権はシャトー・ダルサックに帰属します。お使いの際はご留意ください。

ページの先頭へ